脱毛クリームとは

脱毛クリームとは

脱毛クリームとして販売されているものは、正確にはほとんどが除毛クリームと言ったほうが正しい製品でしょう。脱毛と言うと体毛を根本から抜く行為になりますが、クリームでそこまでの効果があるものはあまり見かけません。

 

中には抑毛効果があり、毛根の中の部分にはたらきかけてムダ毛が生えてくるサイクルを抑制してくれる成分が含まれたものもありますが、ほとんどは肌の表面に出てきている体毛を化学物質などで溶かして除去するものです。

 

なので、除去クリーム、もしくは抑毛クリームと言うのが正解なのでしょうが、まるで脱毛したかのようにツルツルになりますよ、という意味も込めて脱毛クリームと呼んでいるのでしょうね。

 

体毛はたんぱく質で出来ていますので、たんぱく質を溶かすはたらきのある成分が脱毛クリームと呼ばれるものの主成分です。そのため肌のたんぱく質にも当然影響が出る場合がありますので、つけてみてピリピリしたり、赤味が出る場合には使用は考えたほうが良いでしょう。

 

ある程度の刺激は致し方ないとも言えますが、肌をキレイにするための脱毛クリームがダメージになってしまっては本末顛倒です。特に肌の弱い人は気をつけましょう。

 

また、脱毛クリームによって身体の使える部分が決まっています。

 

ほとんどは頭や顔には使えないようになっていますので、注意書きはよく確認してください。塗ってしばらく放置した後、拭き取ったり洗い流したりするタイプがほとんどですが、太い体毛でも対応出来る製品も増えてきています。